>>お問い合わせ >>サイトマップ


社長挨拶
経営理念
会社概要
営業種目
主要船舶


あなたの力を求む
求人情報
土木技術者見習い
土木技術者
土木施工管理技士
施工管理事務
新入社員より
職場だより
採用Q&A
エントリーシート


業務実績
港湾整備事業
河川整備事業
橋梁事業
防災景観整備事業
上下水道整備事業
道路整備事業
優良工事表彰受賞


社会貢献活動
社員親睦活動


女性活躍
ドボジョ育成プロジェクト
東京都のワークライフ
    バランス

港区のワークライフ
    バランス

インターンシップを
    受け入れています。


TOP

河川整備事業とは、治水・洪水対策・環境保全・災害復旧などを行う事業です。河川は水路や漁場、人々の憩いの場として生活に広く活用される反面、大雨による災害も後をたちません。当社では氾濫を防止するために河床の掘削・護岸の補強を担当しております。工事を水上から行う技術をもち、陸上に作業場所を確保でない場合でも施工可能です。

件名 呑川防潮堤耐震補強工事
(その14)
発注者

東京都 第二建設事務所

呑川防潮堤耐震補強工事

京急蒲田駅近くの呑川は写真のとおり川幅が狭く、住宅は防潮堤近くに迫っています。
呑川は世田谷目黒までは暗渠化され、下水道として利用されています。このため、大雨の際は下水がオーバーフローし、開渠部に越流することがたびたびありました。また、この防潮堤は耐震がなされておらず、近隣の方々の不安は大きいものでした。それを改善するため、既設防潮堤の耐震補強を行いました。
施工期間中は振動・騒音の軽減に努めながら、地域住民の皆様に対し工事説明を毎週丁寧に行いました。これらの結果、工事成績評定点75点をいただきました。

件名 隅田川(両国橋上下流)
右岸防潮堤耐震補強工事
発注者

江東治水事務所

右岸防潮堤耐震補強工事

隅田川にかかる両国橋下の防潮堤耐震補強工事と、水辺の散策路であるテラスの整備工事を行いました。
防潮堤耐震補強工事では、16m分の鋼矢板を146本打設します。しかし、両国橋の桁下は4.5mしかありません。1回では打設できないため、短い鋼矢板を溶接しながら施工しました。しかも、溶接は夏場での作業となり、溶接と気温の暑さと戦いながら仕上げました。
テラス整備工事をした水辺の散策路には、休憩スペースやベンチ、花壇もあります。地域住民の皆様にとって、ランニングやお散歩のコースとなっているようで、憩いの場としても利用されています。


>> 【 次ページへ続く 】


Copyright (C) 2007 Minato civil All Right Reserved.