>>お問い合わせ >>サイトマップ


社長挨拶
経営理念
会社概要
営業種目
主要船舶


あなたの力を求む
求人情報
土木技術者見習い
土木技術者
土木施工管理技士
施工管理事務
新入社員より
職場だより
採用Q&A
エントリーシート


業務実績
港湾整備事業
河川整備事業
橋梁事業
防災景観整備事業
上下水道整備事業
道路整備事業
優良工事表彰受賞


社会貢献活動
社員親睦活動


女性活躍
ドボジョ育成プロジェクト
東京都のワークライフ
    バランス

港区のワークライフ
    バランス

インターンシップを
    受け入れています。

TOP

古川 65歳からの再就職です。
2020年開催の東京オリンピック向け大型案件が、東京都から発注され。続々と舞い込んできています。

工事の施工管理を技術者として担当していますが、港シビルの施工管理方法はユニークです。
知識と技術力がある我々世代と、体力と観察力がある若手世代がタッグを組んで工事を仕上げるというスタイル!

入社2年程度の若手は、現場代理人にチャレンジしてもらいます。当然失敗だらけで初めから出来るわけではありません。

私が経験してきた現場管理力(品質・安全・工程・原価の管理)、発注者への折衝力、提案力を、自分の子供より若い人財をフォローしながら監理技術者として現場を運営しています。 若手との仕事は、自分がこんなに情熱家だったのかと思うほど、気持ちも体も若返りますよ。

さらに、コミュニケーションも活発!各現場と本社が繋がるTV会議システムがあり、毎週の工程会議は移動時間なしで実施されています。 月1回の安全パトロールも女性技術者が細かくチェックしてくれます。

70歳まで元気に働きたい。
一緒に未来の土木技術者を育てませんか?

杉山 大阪から転職しました。 オリンピック関連の建設ラッシュで沸く東京で、インフラ工事を担当したいと思い港シビルの門を叩きました。

入社してみると建設業ではめずらしい分業化がなされており、長時間労働はありません。18時には事務所を出ていますね。
受注後、現場踏査を何度繰り返しても、時間に追われません。なぜなら、煩雑になる提出書類の作成は女性軍の仕事だからです。 彼女たちは2級土木施工管理技士の有資格者だから、大まかな施工計画も作成できます。

監理技術者は施工計画などの内容を精査して、修正が必要であれば再度女性軍に依頼します。今まで提出書類を作成していた時間は、 とことん現場を熟知する時間にあてられるので、安全管理まで納得のいく現場運営が行えています。

さらに、施工管理技士を目指す女性軍は男性に負けじとCADや写真整理の技術、測量業務を学び、施工管理のサポートもしてくれます。 しかし、まだまだ荒削りなので、私が経験し培った技術を伝えていきたいと思いました。

監理技術者の仕事は楽しいことと達成感でいっぱいですよ。一歩踏み出して港シビルで一緒に働きませんか。


>>【 次ページへ続く 】
    【 戻る 】



Copyright (C) 2007 Minato civil All Right Reserved.